【ワキの黒ずみ】その原因と対策、治療法!

ワキの黒ずみが気になるなら必読

特に夏になると肌の露出が増えますし、更に気になるという方は多いと思います。

 

しかも電車のつり革を掴んでいる時など、意外と知らないうちに人に見られているものです。

 

ワキの黒ずみの原因とは?

ワキの黒ずみの大きな原因はメラニンによる色素沈着と古い角質によるものです。特に脇の脱毛は肌に大きなダメージを与えるため、どうしても色素沈着をしてしまいます。

 

ワキの黒ずみの治療法!

ワキの黒ずみは、やはりない方がいいに決まってますよね。黒ずみ解決に大切なのは保湿と摩擦の軽減です。

 

ワキの下の黒ずみは気になっている人が多いと思います。

 

自分ではマジマジ見ることがあまりないかもしれませんが、意外と周りからは見ているものですよね。
特に夏にかけて露出が多くなる季節は、他人の脇を思いがけず目にしてしまったりしますよね。

 

黒ずんでいるのを見て、まさか自分も!?とギクっとしたりという経験がある人も多いのではないでしょうか。
ワキの黒ずみの原因は、大きく分けて2つあります。

 

一つはメラニンによる色素沈着です。メラニン色素といえば紫外線によるものというイメージが強いですよね。
ワキの下は他の部分に比べて紫外線を浴びる機会は一般的に少ないですから、ワキの下の黒ずみの原因がメラニン色素沈着と聞くと疑問に思われるかもしれませんが、メラニン色素沈着は紫外線からだけではありません。

 

メラニン色素沈着は、肌の摩擦によっても起こるので、衣服に直接触れることの多いワキの下は黒ずみやすい場所と言えます。
また、ワキの下の脱毛も黒ずみの原因の一つです。ワキの下の脱毛をしている方、特に女性は多いと思います。

 

しかも長年処理をしている人も多いですよね。

 

でもワキの毛は個人差がありますが、一般的に肌を守るために濃い毛が生えていますので、カミソリや毛抜きによる脱毛処理によって肌への刺激や負担は大きいのです。
ですからエチケットのために行っている脱毛もワキの黒ずみに一役買ってしまっているのです。

 

次に古い角質が溜まることによる黒ずみです。
ワキの下は汗をかきやすい場所の一つですよね。

 

ワキ汗を掻くことによって、古い角質が溜まり、その場に残ってしまうことで黒ずみに変わってしまうことがあります。
それでは、どのように対策を取ればいいかというと、まずは刺激を和らげ、清潔を保つことです。

 

汗をかいてしまったワキの下をゴシゴシとタオルで拭く、、などは摩擦が強いですから絶対に控えてください。
肌への刺激を少なくするため、ワキを洗う際も優しく洗ってあげることが大切です。

 

また、デオドラント剤をうまく利用して清潔を保つことです。
汗の汚れだけでなく湿気も溜めないために保湿効果のあるデオドラント剤がお勧めです。

 

【わきがに効く薬】おすすめクリーム市販薬局商品ランキング

 

そして脱毛です。

 

肌の黒ずみを解決するには、カミソリや毛抜きはなるべく避けた方が良さそうです。

 

ですから、レーザー脱毛による処理をすることも一つの対策です。仕上がりもきれいですし、カミソリなどのように頻繁に行わなくて良いので肌に優しいです。

 

ワキの下は皮膚が弱く、敏感な場所であるのですが、多くの人が脱毛している場所でもあります。脱毛することで、毛穴が目立ちますから、ワキの下の黒ずみはどうしても起こるものです。

 

解決としては脱毛をしないことが一番解決ですが、そうはいっても毛を生やしっぱなしというのも難しいですよね。
そこでレーザーによる脱毛で綺麗に処理することがお勧めです。

 

 

仕上がりが綺麗ですし、一度処理すればしばらくはやらなくていいですから肌への負担も少ないです。
また、ワキの下は汗を掻きやすいですし、デオドラント剤による臭い対策をしている人も多いですが、保湿効果があり、無添加の肌への刺激が少ないものを選ぶことがお勧めです。

 

関連記事

VIO・デリケートゾーン・肛門アナル周りケツ毛脱毛ですそわきが治る?

【女性器・陰部】あそこが黒いのは何故?原因と治療法

市販の薬用イビサクリーム購入しアソコの黒ずみ対策した口コミ

【ピューレパール】デリケートゾーン黒ずみ治療効果の口コミ

薬用アットベリーでワキと二の腕の黒ずみ解消効果の口コミ

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング