柿渋(柿タンニン)のワキガ、すそわきが体臭防止効果はどれくらい?

1度は試したい!柿タンニンとその驚くべき消臭力

ワキガのニオイが気になって外出したくない。
清潔にしているのになんか臭う・・・。

 

こんなデリケートな悩みって辛いですよね。
最近、デオドラント製品でよく耳にする「柿タンニン」という言葉。

 

聞き覚えありませんか?
ドラッグストアや量販店などで見かけたことがあるかと思います。

 

実際に柿タンニンがどうしてワキガにいいのかイメージできない方って多いのではないでしょうか。

 

そこで柿タンニンの成分はどんな成分で、どうしてワキガに効き目があるのか?
その秘密に迫ってみたいと思います。

 

 

@柿タンニンの成分

 

柿に含まれる「柿タンニン」という成分はポリフェノールの一種です。
お茶やワインなどに含まれるタンニンと比べて、含有量がはるかに多く消臭力や殺菌力が非常に高い成分です。

 

ちなみに含有量はお茶の73倍、ワインの20倍相当だと言われているそうです。

 

柿タンニンは悪臭成分と化学的に結合し、別の成分に変化することによって悪臭成分を根本から断つという
高い消臭効果が認められています。

 

また微生物やウイルスを寄せ付けない殺菌・除菌効果に優れており、汗や古い角質分解や発酵を抑制し
同時に悪臭も抑制する効果があると言われています。

 

ようは悪臭をただ単に消臭するだけでなく、ニオイが起こされる原因の菌まで消滅する素晴らしい役割があるのです。
そして1度消臭するとニオイが2度と出なくなると言われるほどなのです。

 

さらに天然成分として日本食品安全分析センターや国際食品企画委員会でも確認されている安心素材です。

 

専門機関においても1日の摂取許容量も特定しないとの評価を受けているそうなので、
摂り過ぎて副作用を起こす心配もなく、それだけ安全面においても心配のない成分だと言えるでしょう。

 

Aどうしてワキガに効くの?

 

そもそもワキガはアポクリン汗腺からでる脂肪やタンパク質が、
皮膚表面の雑菌と結合して、独特のワキガ臭を発したものです。
現在では10人に1人がワキガ体質で、アポクリン腺が発達していると言われているそうです。

 

ワキガにとって重要なことは、脇を清潔にすることが1番です。
しかしそれだけでは、正直しつこいニオイは取れません。

 

脇に住み着いている細菌を殺すこと、また菌の繁殖を防ぐことが最も重要なのです。

 

ですので柿タンニンが表面の菌を殺菌するといくら汗をかいても
結合する菌がいないので、わきが臭が出てこれないという仕組みになるのです。

 

しかも柿タンニンの消臭パワーは97%以上と言われているようで、これはかなり高い数値だと分かります。
ニオイでごまかすのではないタンニンの驚くべき消臭力は、ワキガにはもってこいの方法だと言えます。

 

現在柿タンニンが多く含まれているデオドラント製品がたくさん出ています。
病院で手術やクリニックでの本格的な治療を行う前にやっておきたい対策ですね。
商品表示にタンニンの文字があるか?どの程度配合されているのか?
などもチェックしてみてください

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

このように柿タンニンは天然の成分であり、摂り過ぎても無害であるという点が大きなメリットだと思います。
お肌の弱い人はもちろん子供からご老人まで安心して使用できるのも嬉しいですよね。

 

柿タンニン配合のデオドラントを代表とする商品には、ラポマイン・デオプラス・クリアネオなどがあります。
返金保証付きだったりするので、案外試しやすいのがポイントです。

 

脇を清潔に保ちつつ、柿タンニン配合のデオドラント商品でぜひ予防してみてください。
ワキガにさようならする日もすぐそこなのかもしれません!!

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング