わきが治療を自宅でこっそりバレずにやる方法

自宅でできるわきが治療!手術やボトックス注射を考えるまえにやる4つの対処法

 

自宅で出来るわきが治療

 

食生活の変化からワキガ体質の人は増えているといわれていますが、最近は市販のものでも消臭効果に着目した商品がいろいろ販売されるようになり、スメハラという言葉もあるくらい世間全体が、ニオイに対して敏感になっていることを感じます。

 

実際、強烈なワキガ臭や汗臭をさせたままの人に出会うと、どんなケアをしているのかな?と思ったりもします。

 

ワキガが重度の場合、最終的に手術を考えるのもいいとは思いますが、手術をしたからといって、完璧に治るという保証はありませんし、治療費も高額になります。

 

またボトックス注射は、わき汗を止めることでワキガ臭を緩和させるというものですが、
効果は永久的なものではなく、継続して注射をうたないといけませんし、根本的な解決にはならないためおすすめできない方法です。

 

ワキガ臭や体臭が強い人は、体質から根本的に改善していくことがいちばんの治療法です。自宅で出来る対処法を紹介します。

  1. 入浴とシャワーで体臭予防
  2. 汗腺トレーニングで汗の質を改善
  3. 市販品の効果的な活用の仕方
  4. 体臭をコントロールする食事療法

 

私は思春期の頃、ワキガ臭が原因で、男子からイジメを受けた経験から、手術をして、ほぼワキガ臭がなくなった現在でも、自分の体臭に大きなトラウマがあります。

 

そのため、外出先で、ワキガ臭や汗臭を感じると、もしかして自分が臭っているんじゃないか?と思わず自分のニオイを嗅いで確かめてしまったりします。

 

自分のニオイは、自分では気が付きにくいことがコワいのです。

 

すごい強烈なニオイを発しているのにまったく気がついていない人がいるなかで、必要以上に自分のニオイを気にしてストレスをかかえている人も多くいます。
気にしすぎもだめなのですが、やはり女性のエチケットとして、自分の体臭にしっかり対処していきたいところです。

 

入浴とシャワーで体臭予防

 

体臭の対策としてあげられる基本は、やはり入浴して身体をキレイに保つことです。いくら体臭に効果があるデオドラント剤や石けんを使用しても、身体が不潔なままでは思うような効果は得られません。

 

なぜなら、ワキガ臭の原因は汗そのものより、その汗に皮脂などの老廃物が混ざったものに雑菌が繁殖することで強烈なニオイを発するようになるからです。

 

湯船に浸かることで、新陳代謝が高まり体内の老廃物や疲労物質である乳酸が取り除かれアンモニアを含んだ酸っぱいようなニオイの汗の発汗を防ぎます。
この汗を防ぐだけでも、かなり体臭を弱くする効果があると言えるでしょう。

 

しかし、せっかくお風呂に入ってキレイにしても、夜寝ている間にまた皮脂や汗をかいてしまいます。

 

そこで、夜は湯船にゆっくり浸かり汗をながし、朝はシャワーで夜寝ている間にでた皮脂や汗を洗い流すことが大事になります。

 

ここで、体臭予防に効くお風呂のポイントですが、

  • 夜は入浴:コップ1杯程度のお酢をいれたお風呂。
  • 朝はシャワー:41℃で1分浴びる。

 

お酢の主成分は酢酸とクエン酸ですが、特にクエン酸はカラダの酸化を防ぎ、雑菌の繁殖を抑える効果があり、結果的に臭いづらい体質に近づきます。

 

1分間41℃のシャワーを浴びることで、皮脂の除去効果が得られます。また胸と背中を中心に浴びることで、加齢臭にも効果があります。

 

この2つのポイントを抑えるとより効果的に体臭を予防することができ、市販のデオドラント剤でも効果を発揮してくれるでしょう。

 

汗腺トレーニングで汗の質を改善

 

通常、エクリン腺からの汗は、さらっとしたニオイの少ない汗ですが、汗腺の機能が落ちると、塩分を多く含んだベタっとした悪い汗をかくようになります。良い汗をかくため日ごろから適度に汗をかき汗腺の機能を高めることが大事になります。

 

汗腺トレーニング

  1. 浴槽にすこし熱めのお湯(約43℃)をひじが浸かるくらいの深さにはり、両手(ひじまで)と両足(ひざ下)を15分程度あたためる。
  2. 1に水をたして、36℃くらいに温度を下げ、15分程度ぬるま湯で全身浴。
  3. ※お湯に酢をいれるとより効果的。
  4. 入浴後は、しっかり水分をタオルで拭きとってから、すぐに服を着ないで、そのまま汗を乾燥させる。

 

良い汗をかくためには、半身浴やサウナ、岩盤浴などで汗をかくことも有効といわれています。また、夏場などエアコンの使用をおさえたり、汗をかける環境をつくることで汗腺を鍛えることもできます。定期的に有酸素運動で適度にカラダを動かすことでも、血行・代謝がうながされ良い汗をかくことができます。

 

 

市販品の効果的な活用の仕方

 

ワキガ体質の人なら、よくあるスプレータイプのものではなく殺菌効果の高い塗るタイプの制汗剤を使いましょう。
その方が効果が長続きします。
あまりニオイがきつくないなら、除菌効果のある汗ふきシートで汗を拭きとるだけでも十分効果は見込めます。
また、夏場など汗をかきやすい時期は汗をかいたらすぐに。

 

それ以外の時期でもお昼時間など、定期的に汗ふきシートと制汗剤を併用するのが効果的でしょう。

 

ユウカがスソガ対策した方法は冒頭に載せています。

 

また消臭効果の高い繊維で作られたインナーやタオルなどを利用するのも効果的です。

 

また、洗濯物は殺菌効果の高い洗剤を使用して、衣服についた皮脂や老廃物をしっかり落とすことも大切になります。

 

 

体臭をコントロールする食事療法

 

ワキガ体質を強くしてしまう原因のひとつに、肉類などの高カロリー、高脂質な食事があるとされています。油を多く取りすぎるとアポクリン汗腺や皮脂腺を活動的にし、酸化した脂肪酸のニオイを発生させてしまいます。

 

また、過剰なタンパク質の摂取はアンモニアや水素が作りだし体臭の原因となります。

 

穀物や野菜・魚など日本食中心の食事にきりかえ、バランスの良い食事をとるようにしましょう。ワキガ体質の改善に有効とされるビタミンやポリフェノール、βカロテンなどが含まれたものと、抗酸化作用のある食品を摂取し、腸内環境を整えるために、食物繊維や、乳酸菌を含んだ食品を意識的に摂ることも効果的です。

 

ワキガの原因は食事にあった?体質改善に効果的な食事療法とは

 

 

さいごに

最近は、市販のデオドラント製品だけでなく、消臭効果のあるインナーも豊富になり、体臭に対する情報も手に入れやすく、ニオイ対策に選択肢がふえました。

 

また、紫外線治療器というのも販売されていて、レビューを読むと自分の体臭に悩みを抱えている人が多いことも感じます。
価格的にも手に入れやすいお値段で、買って試してみたい気にはなりますが、高評価なレビューも期待値という感じで、効き目が実際にあったというレビューはあまりないようです。

 

もし、そのような機器を買うにしても、治ったらラッキーくらいに考えて、普段から清潔を心がけ、根本から体質を改善していくことで、自分の体臭をうまくコントロールしていきましょう。

 

基本的に、清潔にしていればそれほど強いニオイを出すことはありません。

 

最近は消臭に特化したインナーのほかに、服に消臭加工を施せるスプレーなどもありますから、身体にケアをしていく一方で、着用するものも工夫していくことでより安心して日常生活をおくれるのではないかと思います。

 

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング