ワキガで壮絶なイジメ、子供の体臭の悩みは深い

ワキガでいじめられたことが一番困りました。

 

自分じゃなかなか気づかないんです、わきがって。

 

臭い臭いといじめらて、本当に体臭きつかったことを知ったのが一番つらかったです。

 

小学校の時、先生が親に「あなたの子供、体臭がきついせいでいじめられてますよ。」って言っているのを目撃して、「私、いじめられてたの?」って知ったのも何気にショックでした。

 

ワキガが酷いこの中にはファブリーズ吹きかけられたり、もっと悲惨な人もいるらしいので、それに比べたらいいのかな?

 

あと白いシャツは絶対着れなかったです。

 

だって、1分で黄ばみが目立つし…。

 

そういえば、高校制の時、自分の体臭で目が覚めたことがあります。

 

夢の中で、「なんか臭いな。」と思って自分の体臭だと気づいたときは絶望しました。

 

改善なんて考えられなかった。
当時は絶望するだけでした。

 

なので、子供がワキガの場合は、
親が気づいてフォローしてあげるのが大事だと思います。

 

 

 

おとなになってからの私のワキガ対策

大人になって初めて、こまめに腋毛の処理をする、オロナインH軟膏を塗る、肉より野菜を摂るといった対策をしました。

 

あとなるべく制汗スプレーはしないようにしました。
わきがとフローラルな香りが混ざって何とも言えないにおいで、頭がクラクラしちゃうんですよ…。

 

ただ、脇の清潔は保つべきなので、替えのシャツ、オロナイン、タオル、体を拭くシート、消臭スプレーは職場に持ち込みしてます。
焼きミョウバンを溶かした水も汗を抑えるらしい。皮膚科に行っても最終的には手術を勧められるだけでした。

 

手術で治るって保障もないしね。

 

あくまで手術は最終手段。

 

金がないからやらないだけ

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング