アンティ パースパイラントデオドラント ロールオン【クリニーク】の消臭効果

アンティ パースパイラントデオドラント ロールオン【CLINIQUE(クリニーク)】の評価

CLINIQUE(クリニーク)と言えば化粧品などで有名なブランドですよね。

 

ドラッグストアなどでの販売はなく、百貨店などでよく見かけるブランドです。

 

【CLINIQUE(クリニーク)アンティ パースパイラント デオドラント ロールオン 】

 

私もファンデーションやコンシーラーなどは購入したことがあります。

 

化粧品ブランドかと思いきやクチコミでも非常に人気なデオドラント商品があるんです。

 

アンティ パースパイラントデオドラント ロールオン女性なら知ってる方の方が多いかもしれません。

 

この商品のクチコミを調べてみるとものすごく評価が高いんです。
クチコミにつられて購入したけども効果はクチコミ通り!買ってよかった!という声も多く見られました。

 

それでは、アンティ パースパイラントデオドラント ロールオンが多くの女性たちから愛されている理由とは何なのか、メリット・デメリットについて紹介します。

 

成分

アンティ パースパイラントデオドラント ロールオンの主な成分として、テノール液の塩化アルミニウムが含まれています。

 

塩化アルミニウムには、汗が出てくる発生場所の汗腺を塞ぐことで発汗を抑えるというはたらきがあります。

 

それに伴い若干の肌への刺激はありますが、発汗を抑える効果は非常に高いとされています。

 

肌の弱い方や敏感な方は少しピリピリとした感覚とともに、肌が痒くなったりかぶれてしまうといった症状が出てしまうこともあるため、事前にパッチテストなどで肌に合うか確認することをオススメします。

 

使用方法は従来のロールオンタイプと同様に、塗り込む部分の水分を綺麗に拭き取ったあと、ワキにアンティ パースパイラントデオドラント ロールオンの蓋を開け、ボール部分を患部に塗り込むだけです。

 

スプレータイプよりも密着度かより高くなるため、効果もより得やすいですが、液体を直に塗り込むため乾かすのに多少なりとも時間が必要になります。

 

ドライヤーや扇風機などで乾きを早める方法も乾きが遅いことへの改善にもなりますか、自然乾燥しようとするとおよそ10分ほどかかってしまうとのことです。

 

クリニークのロールオンは比較的他社製品よりも乾きが遅いという声が多くクチコミサイトでは挙げられています。

 

完全に乾いたよのサインとして見受けられるのが、白っぽい粉っぽさです。
汗拭きシートや制汗スプレーにおいても拭き取った後やスプレーした後に若干の白い粉っぽさが見られることがありますが、クリニークのロールオンはワキ全体に粉っぽさが出てきて、カラカラに乾いた状態になります。

 

そして、何よりも気にかかる方が多く見られるのがクリニークロールオン独特の臭いです。塗り込んだ直後はヨーグルトのような甘酸っぱい臭いがします。
賛否両論ではありますが、完全に乾いてしまえば臭いはなくなりますので、乾くまでの少しだけの辛抱です。

 

効果

ここまでの紹介では、デメリットの方が多くなってしまいましたが、いざその効果を実感すると手放せなくなってしまうでしょう。

 

他の製品に比べても、朝の1回だけ患部に塗り込むだけで1日の汗のかき方も、汗ジミも全く違ってきます。

 

メリットとしては制汗スプレーやシート、他社のロールオンタイプの商品よりも持続性も高く汗腺をふさぐ効果も非常に高い面が挙げられます。

 

一方で、完全に乾かすまでに時間がかかる点や白い粉っぽさが出てしまうため人目も気になってきますよね。

 

粉っぽさが出てしまうことを考慮して着る洋服も選ばなくてはいけなくなります。

 

少しだけ手間はかかってしまいますが、それ以上に得られるものは大きいということでしょうか。

 

その結果、クチコミでは非常に多くの女性から支持をされていますノースリーブを着る時には、使用を控えたり、ドライヤーや扇風機などを活用して時短をしたりと自分で改善できることもたくさんありそうですね。

 

肌に合うか合わないかは大前提ですが、この夏1番チェックしたいデオドラント商品をになりそうです。

 


【CLINIQUE(クリニーク)】アンティ パースパイラント デオドラント ロールオン 75ml 【fr】

 

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング