ビオカイン ローション 市販のワキガ対策商品の効果は?

【BIOKINE LOTION】ビオカイン ローション、デメリット、メリット

ビオカイン ローション

蒸し暑く自然と汗をダラダラかいてしまう季節が近くなってくると気になるのが体臭ですよね。

 

デリケートゾーンのムレやカユミに続いててワキガなど臭いのケアも一層神経質になってくるかと思います。

 

電車の吊り革を掴むのも臭いや汗ジミが気になって余計に汗をかいてしまうことも経験のある方は多いのではないでしょうか。

 

ワキガの臭いも汗をかくことでアポクリン汗腺のあたりに雑菌が繁殖すると臭いが強くなってしまいます。

 

ビオカインローションはそんなワキガの臭いにも、すそわきがの臭いケアにも効果が期待できるローションです。

 

それでは、ビオカインローションは、ワキガ、すそわきがの臭いにどんなアプローチをして効果をもたらすのでしょうか。

 

アポクリン腺周辺を菌活して“善玉優位の皮膚常在菌環境”へ【BIOKINE LOTION】ビオカイン ローション

 

ビオカインローションの使い方

ビオカインローションの使用方法はいたって簡単で、肌にすりこむようにマッサージしながらワキ全体またはデリケートゾーンに塗り込んでいきます。

 

ビオカインローションに含まれている高濃度ホタテ貝殻焼成カルシウムの天然成分が消臭に効果をもたらしながら善玉優位の皮ふ常在菌環境へと改善していってくれます。

 

普段臭いケアとして使用する制汗スプレーや殺菌シート、強力な洗浄のボディソープなどは汗腺に繁殖する雑菌を殺してくれる働きがあります。

 

しかし、ビオカインローションは殺菌をするのではなく、人本来がみんな持っているニオイを取り戻しながら、外からの雑菌から肌を守る働きがあります。

 

また、自然治癒力などを高め繁殖した菌を殺してくれるのではなく、雑菌が住み着く環境を作らない環境作りから根本にアプローチしていく菌活に効果をシフトさせたのです。

 

ビオカインローションにほ大きく3つの特徴があります。

 

1つ目は消臭です。

皮ふの毛穴の穴の奥の奥まで浸透し、ホタテ焼成カルシウムの?イオンが悪臭物質と結合しながら分解することで強力な消臭力となるのです。

 

悪臭物質と水酸化カルシウムが化学反応することで成熟生ができあがります。

 

この成熟生による水分の蒸発が強力な消臭力となっています。

 

2つ目は、美肌効果をもたらすことです。

 

アルカリ温泉のようなピーリング効果があるため、肌の黒ずみ、くすみを取り除いてくれる効果もあるため、臭いケアと美肌効果を同時に得られるのです。

 

3つ目は、菌活です。

 

皮膚常在菌のはたらきを促進させ、活性化することによって善玉優位の皮膚常在菌のバランスを整え雑菌の居心地が悪くなる環境づくりをしていきます。

 

その一方で拭いきれないデメリットとしてあげられるのが、無香料ではないということです。

 

ホタテ貝の独特な臭いを緩和するために微量な香料が使用されています。

 

そのため、この微量な香料の臭いが気になってしまう方もいるかもしれません。

 

この微量な香料の臭いさえ気にならなければ絶大な効果を得られることは違いありません。

 

値段、購入方法

価格は送料、消費税込みで3700円と比較的手に取りやすい価格にはなっておりますが、日々の使用ということを考えれば、コストの面も負担になってきてしまうかもしれません。

 

しかし、ビオカインローションには、制汗スプレーやシートのように一時的に爽快感を感じながら殺菌するというはたらきは一切ありません。

 

通常のスプレーやシートのように一時的なニオイケアの殺菌のはたらきではなく、雑菌が繁殖期したあとのアプローチではなく、雑菌から肌を守るはたらきがあります。

 

雑菌が嫌う環境つくりをすることで、臭いを強めることもなく、効果を持続的に感じることができるでしょう。

 

ホタテ貝の成分による消臭力も高く、ワキガ改善には最高のクリームタイプケア商品であると言えます。

 

Amazon通販でも購入できます。


※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング