ライオンBanのデオドラントスプレーのメリットとデメリット

ライオンの最高傑作

Banデオドラントパウダースプレーといえば、脇を気にする人なら誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

 

特に私のような強めワキガさんにとって、制汗剤デビューの顔といっても良いと思います。

 

いわゆるパウダースプレータイプの制汗剤の中では、トップクラスの知名度を誇るその商品の中身について、私なりの見解を書いていきたいと思います。

 

 

 

語りたいポイントは3つ

  1. Banが向いてる人のタイプ!
  2. どんな成分なの?
  3. 買い方とお値段は?

 

初めて使う制汗剤がスプレーという人は少なくありません。
その理由の一つに、お手軽さがあるのではないでしょうか。
私もいまだに1本は必ずスプレータイプも常備しています。
私の場合はスプレータイプのみではワキガ臭は防げなかったのですが、たまに、クリームタイプで対策をした仕上げに使ったりしています。

 

どちらかというと補助的な役割でつかっています。

 

ライオンBanの使用感ですが、付けたてはサラサラしているものの、時間が経つとやはりベタつきが出ます。
ベタつきと同時に匂いも出てきますから、何もしない場合に比べて少しだけマシかな?といった程度の効果でした。
制汗についてもあまり強力ではなく、汗をかいてくるとすぐにTシャツに汗ジミができました。
ワキガにとって汗ジミが出来やすというのはかなりのマイナスなんです。
黄色い汗ジミがどれほど恐ろしいか…ワキガにしか分からない恐怖でしょう…。

 

制汗タイプはすぐに対処できるのが強みですが、汗の上から更にスプレーしても、ワキガの場合は全く匂いが取れません。
匂い付きのスプレーの場合、匂いが取れないどころかワキガ臭とスプレーの匂いが混ざり合って大変な事になります。
公共の場でこういう匂いを出すと、冗談ではなく体調を崩す人がでます。
私も実際に、自分のせいで体調を崩す人を見たことがあるので間違いありません。
ワキガさんの場合はできるだけ無香タイプを選ぶのが正解です。
つけ直す場合は、一度汗や残ったパウダーを拭き取ってからスプレーをする事になるので、そう考えるとそこまで手軽なアイテムでは無いと言えますね。
Banの制汗スプレーが向いているのは、匂いがごく軽度で脇汗も少ないタイプの人だと思います。

 

 

Banの成分を調べてみると、パウダーにはナノイオン微粒子が使われていて、殺菌成分と制汗成分も含まれています。
汗をかくとパウダーがはじけて消臭されるようですが、やはりパウダーなので、汗の量や匂いが強いと効果が薄れてしまうんじゃないでしょうか?
ワキガの場合は出てきた汗に対処するよりも、そもそも汗自体なるべくかかないような仕組みのほうが効果があるような気がします。

 

Banのスプレーは全国のドラッグストアなどで購入することができます。
これだけ気軽に買えることが、Banが支持される理由ではないでしょうか。
1000円以内で買えるのもお手軽でいいのですが、パウダースプレーは使用頻度が非常に高いので、その分たくさん使う必要があると思っていた方がいいでしょう。

 

 

 

まとめると、Banのデオドラントスプレーは制汗効果も消臭効果も低いが、手軽に付け直せるので非常に使いやすく、ワキガが非常に軽度か無臭の人に向いている商品です。

 

逆を言えば、ワキガがきつい人や、匂いをほぼ無くしたいといった人には向いていません。
そこを間違えて使用してしまうと、どんなに手軽に買える商品であっても無駄になってしまいます。

 

まずは自分がどの程度のワキガなのかを知り、どこまでの効果が欲しいのかを整理してみましょう。
自分の目的や匂いレベルに応じた商品選びをすることが、匂い対策への第一歩になります。

 

 

絶体絶命のピンチ!!を救ってくれたBanのデオドラント剤使用体験談

 

汗っかきで、自分の汗の臭いには敏感な私ですが、彼氏の家に初めて泊まりに行ったらまさかのシャワーが壊れて入れないと言われました!

 

1日汗をかいたままシャワーを浴びないで夜を過ごさなければならないという、私にとっては拷問のようなことでしたが、Banを持っていたおかげで何とかしのげました!
まさにBan事休す!と思った私の体験でした。

 

バックに入れておくのに個人的にお勧めの商品!

 

Banはご存知の方も多いと思いますが、ラインナップが豊富、また香りも豊富なので色々選べるのが嬉しいです。
一番のお勧めはシートタイプ!

 

昔から、汗っかきなのがコンプレックスでした。

 

母親譲りで、とにかく何もしていなくても顔から、脇から、膝うら、足の指など、大変です。
女性として、汗の臭いがいつも気になるので、制汗対策には人一倍気をつけてきました。

 

でも、ある日付き合いたての彼氏の部屋に初めて泊まることになりました。

 

その日は昼間からずっとデートをしていたので、汗をかきまくっていました。

 

デートの合間も小まめに汗をふき取ったりしていたのですが、早くシャワーに浴びたい!と思いながら彼氏の部屋に到着しました。
そこで彼氏から衝撃の発言がありました。

 

「ごめん、シャワー壊れてるんだった。業者が明日来るまで使えない」と。

 

そんなの今告げられても困る!と内心パニックになりました。帰ろうかと思いましたが、既に終電は間に合わない時間でしたし、タクシーを使うには遠すぎました。
長く付き合っている気心の知れた彼ならまだしも初お泊りでシャワーなしは、キツすぎました。

 

とにかく脱衣所を借りて出来る事をしよう!と思った私はその時カバンに入れていたBanのデオドラント剤を全て引っ張りだしました。
その時持っていたのは、シートタイプとスプレーパウダー、ロールオンタイプでした。

 

まずタオルで全身拭いてから、スプレーパウダーで汗が出ないようにと吹きかけました。

 

次にシートタイプで念入りに足の指を拭き取りました。タオルで拭き取っただけでは臭いが気になったのです。

 

そして、ロールオンタイプを脇の下に塗りました。
さらに彼氏に部屋着を借りた後、自分が着ていた服にスプレーパウダーを少し振りかけ、翌朝の対策を取りました。
持っていたBanのアイテムをまさにフル稼動させました!

 

そのおかげで何とか事なきを得ました。これって汗っかきの人じゃないと大したことないと思われると思いますが、汗っかきには本当に拷問のようでした!
Banを持ち歩いていて本当に良かったです。
そんなBanのデオドラント剤ですが、種類がたくさんあってどれを購入するか迷いますよね。

 

私は長年愛用していますがらシートタイプが一番気に入っています!いくら汗を抑えるデオドラント剤を使っても夏は汗をかいてしまいます。

 

そんな時に気になる部分を拭きとると、ベタつきを抑えながら消臭にもなるのでお勧めです。

 

Banのデオドラント剤は他社の商品との違いにパッケージが可愛いというのがあります。

 

女子力の高い可愛いらしい容器などは、ポーチやカバンに入れているだけで気分が上がりますよ!
私のような汗っかきは、女子として少し自信がないので、このような可愛い容器は本当にありがたいのです。

 

可愛い容器のおかげで、友達や彼氏の前でも、さりげなく使うことができます。
また、最近新しく私のアイテムに仲間入りしたのが、スパークリングフローラルです。

 

正直、最初は店頭で容器に一目惚れしただけで購入したのですが、全身に使えて便利ですし、サラッとした使用感、そして香りも気に入ってとても良いです!

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング