アポクリン汗腺から出る汗とワキガの関連性

汗をかくとワキガ臭がきつくなる!アポクリン汗腺から出る汗とワキガの関係とは?

見出し アポクリン汗腺!少なくてもワキガ臭がするワケ

 

ワキガの原因!臭うヒトと臭わない人の違いは?

 

おもにワキガの臭いの原因に深く関係しているのが、
「アポクリン汗腺」だということは、
すでに知っている人も多いと思いますが、

 

アポクリン汗腺は誰でも持っているものです。
誰にでもあるのに、ワキガ体質の人とそうでない人が
いるのはなぜでしょうか?

 

その違いは、持っているアポクリン汗腺の数と
大きさに違いがあったからです。

 

一般的に、ニオイの強い人は、アポクリン汗腺の数が多く、
ひとつひとつの粒が大きい傾向があります。

 

なんで、汗をかくとニオイがきつくなるの?

 

アポクリン汗腺からでる汗が、ワキガ臭の原因ですが、
アポクリン汗腺からでた汗自体は「無臭」なんです!

 

汗をかくと、アポクリン汗腺からでた汗が、
常在菌に分解されることで、ワキガ独特のニオイになります。

 

ワキガ臭の対策は、この常在菌の活動を抑えるか、
汗を抑えることが、身近な対策になるといえます。

 

ワキガは男性より女性の方がなりやすい?

 

アポクリン汗腺は、男性より女性の方が数が多く
ワキガ臭が原因のアポクリン汗腺はホルモンのバランスに影響を受けます。

 

女性のワキガ臭は、ホルモンバランスがくずれたり、
腸内環境が悪化することにより、ニオイが強くなります。

 

体質改善の第一歩は、
ホルモンバランスと腸内環境を整える事にあります。

 

★解説

 

汗をかくとワキガ臭がきつくなるという経験は、
ワキガ体質で悩んでいる人ならわかると思いますが、
どういう仕組みが関係しているのかというと、

 

汗を出す汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の
2種類があることを知っている人は、多いと思いますが、
2つの汗腺から出る汗の性質はだいぶ異なります。

 

エクリン汗腺は、ほぼ全身の肌にある小さな汗腺で、
おもに体温の調節をしています。

 

エクリン汗腺から出る汗の99%は水分で、
残りの1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。

 

大部分が水分なので、ニオイはほとんどありません。

 

一方、アポクリン汗腺はワキの下や耳の中、
乳輪や陰部、肛門といった限られた部位に存在する汗腺です。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、白っぽい粘り気のあるのが特徴で、
成分はアルカリ性です。

 

成分の70〜80%は水分ですが、
その他は、たんぱく質・脂質・アンモニア・鉄分などです。

 

いわゆるワキガやスソガといった、独特なニオイの原因は
アポクリン汗腺からの分泌物です。

 

よくいう「汗臭いニオイ」はエクリン汗腺からでた汗が原因ですが、
それが雑菌などが繁殖して、不快なニオイを出すようになると「体臭」になります。

 

エクリン腺が原因のニオイは、汗をできるだけ抑えれば、
ニオイを抑えることができます。

 

ワキガ臭ほど強いニオイではありませんし、
市販の制汗剤やデオドラント製品で十分に抑えられるニオイなので、
ワキガほど困ることはありませんよね?

 

確かにエクリン腺から出る汗は、ワキガの原因ではありませんが、
まったくワキガ臭に関係がないかというと、そうではありません!

 

アポクリン汗腺からでたワキガ臭になる雑菌の繁殖を
エクリン汗腺が手助けをしているのです。

 

エクリン汗腺の汗が、全くなければ、ニオイはそこまできつくないはずですが、
エクリン汗腺からでた汗が蒸発するときに、ニオイが拡散され、
よりニオイがきつくなってしまうのです。

 

ワキガと汗の量は、比例するので、ワキガ体質の人がワキに
たくさん汗をかいた時は、その量に応じて、ニオイも強くなります。

 

ドラッグストアなどで売っている消臭成分入りの
スプレータイプの制汗剤などは、ワキガには効果はないといっていいでしょう。
ほんとの気休めです。

 

そんなものでワキガの悩みが解消されるなら、だれも悩んでいませんよね?

 

お手軽なワキガ対策といえば、ワキガ専用の消臭クリームです。
スプレーではなくクリームやジェル状のものが、多くあります。

 

 

ワキガ専用なので、それなりに強力な消臭成分が配合されていて、
汗をかいても流れにくくなっています。

 

だた、夏とか汗をかきやすい時期は、最初は良くても
時間がたつと徐々に気になって、何度か塗りなおしが必要になります。

 

アポクリン汗腺からの分泌は、
汗をかかなくても分泌されるといわれています。

 

特に強いワキガの場合は、汗の量に関係なく、
常にアポクリン汗腺からの分泌によって、ワキガ臭がしています。

 

そうなると、周囲の人からも煙たがられるまでになってしまい、
女性としては、非常にキツイ現実です。

 

重度の場合は、最終的に手術を考えるのも良いと思いますが、
手術をしたからといって、完璧に治るとは限りませんし、治療費も高額です。

 

またボトックス注射は、わき汗を止めてワキガ臭を緩和させるというものですが、
効果は半年程度しか持たないので、また注射をしなければなりません。

 

人によってはほとんど効果がなかったり、汗が止まらないという人もいます。
本来は、美容整形などに使用される薬で、根本的な治療にはなりません。
しかも、保険適用ではないところが多いので、自己負担になります。

 

ワキガだからといって、すぐ手術をしないといけないわけではありません。
症状は軽い人から重い人まで様々で、そのニオイのレベルによって、
必要な対応策や治療法も変わります。

 

早とちりして自己判断で、誤った治療をしないためにも
専門の病院で、アポクリン汗腺の数や質、臭いの強さなど、
医学的にくわしく調べてもらうのが重要です。
失敗しないように焦らず対処するようにしましょう。

 

手術を考える前に、だめもとで体質改善に挑戦してみるのも良いと思います。

 

ワキガ臭の原因のアポクリン腺は、ホルモンのバランスに影響をうけます。
ワキガは男性よりも女性の方が、なりやすいといわれています。

 

その理由は、男性より女性の方がアポクリン汗腺の数が多く、
その分アポクリン汗腺の活動が、活発になってしまうことが考えられています。

 

つまり、女性はホルモンバランスがくずれると、ワキガ臭のニオイが強くなってしまうのです。

 

女性のホルモンバランスが乱れるおもな原因は

  1. ストレス
  2. 睡眠不足
  3. 食生活の乱れ
  4. 運動不足

以上の4点です。

 

そして、腸内環境が悪いと、腸内の悪玉菌が腐敗ガスを発生させます。
その腐敗ガスを吸収した血液の水分が、汗になり水分と一緒に腐敗ガスが
カラダの外に出ていくことで、ワキガ臭をさらに強くしてしまうのです。

 

よくドロドロの血液の人の汗は臭うといいますが、それと同じです。
サラサラの血液にすることで、汗のニオイ成分を改善し、
ワキガ臭を抑えるようにしましょう。

 

アポクリン汗腺の数は、生まれたときから決まっていて、
大きさは男女ともに思春期のはじめに大きくなって、
老年期になると小さくなっていくといわれています。

 

ワキガ体質は、急になってしまうものではなく、強くなるだけなのです。
ワキガ体質の人は、ニオイを強くしないように
体質改善することも必要な対策のひとつです。

 

★最後に

ワキガは自分では気づきにくいものですが、嗅覚には個人差がありますし、
ワキガの症状が軽いために、ニオイに気づかなかったり、
嗅覚がワキガ臭に慣れてしまって、自覚できないケースが多いのも確かです。

 

ニオイの悩みはデリケートなので、
自分がニオっているとは、周りに聞きたくても聞けませんし、
自分がワキガだなんて認めたくない!と思ってしまうのも女ごころというものです。

 

汗が出てきて、ニオイが少しでも気になったら、すぐにケアをする。
すこし面倒ですが、こまめにケアすれば、
それなりにニオイを抑える効果はあります。

 

効果は価格に比例する感がありますが、
だからといって、あまり高いものだとつづきませんよね?
大事なのは効果と価格のバランスだと思います。

 

そして、普段のケアとして、ワキガ専用のクリームを塗りなおすとき
重要なのは、1度しっかり殺菌成分入りの汗ふきシートなどで
脇の汗をふき取ってから塗ることです。

 

もうひとつ大事なのは、わき毛の処理です。
女性の場合は、わき毛の処理をしていないということはまれかもしれませんが、
わき毛は汗とニオイを留める役割があります。

 

また、わきの下の湿度が高くなることで、細菌が繁殖し、
ニオイが増加してしまう原因になります。

 

私は若いころに親が手術を受けさせてくれたんですが、大昔の手術だったため、いまでも大きく傷跡が残っています。

 

もちろんノースリーブは着れませんし、エステに行ってわき毛の処理なんてのもできません。

 

ワキガ臭を抑えるために、手術を考えるよりさきに、エステで脱毛を検討した方がいいかもしれませんね。

※あそこの強烈なニオイ対策
すそわきが対策ランキング